FC2ブログ
FC2カウンター
プロフィール

neo☆snufkin

Author:neo☆snufkin
FC2ブログへようこそ!
flyfishing、アウトドアライフetc. 一人遊びを日々楽しんでおります。

フォトエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最近、テンカラは休業状態でございましたが、夏休みには久々に復活しようと考えています。

そこで、気になるテンカラアイテムを購入してみました。

『ジョインター テンカラ ライン 3.6m』


190804_0857~01


いわゆる、“テンカラフライライン” というヤツですね。

以前購入した「Fujino(フジノ) ライン ソフトテンカラ」も認識性が高く画期的な商品でしたが、ラインの操作性の面においてはフライラインタイプの方がより優れております。

レベルラインやナイロンソフトラインは軽いので着水後にドラッグがかかり難く、打ち込んだ後のライン戻りが少ないという利点がありますが、キャスティングには技術を要する上に、風には弱いと思われます。

“私の技術が不足している” と言われてしまえばそれまでですが、フライフィッシング感覚でライン操作が出来るのは大変魅力的に感じます。

しばらく眠っていたガマカツのテンカラ竿を引っ張り出して、オープンスペースで思いっきり振り回してみようと思います。


スポンサーサイト



2019/08/04(日) 11:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
H28.8.27
160827_0850~01



今回も笹川地区からのスタートです。

木曽福島で土砂降りに遭遇した後なので、増水を心配しておりましたが、水量よりも濁りが酷くて一面カフェオレ色...。

まずはドライフライは諦め、久々にテンカラ竿の登場。



160827_0851~01

160827_0959~01

160827_1005~01

160827_1006~01


「ソフトテンカラ」 という認識性の高いNEWタイプのラインを試してみました。


160827_1029~01


毛鉤は定番のビーズヘッドをチョイス。

ラインには腰があり、単糸のレベルラインより飛ばしやすい気がします。

でも、フライラインに慣れきってしまっている私では、ライン操作が上手くできませんね。


160827_1045~01

160827_1044~01
(ハヤだよ!)


濁りもきつくなってきて、結局釣果はコヤツだけ...。



濁りの無い支流を探して場所移動。


160827_1455~01


お気に入りの支流は大丈夫。

ツールも慣れたフライに変えまして、二回戦目に入ります。



160827_1523~01

160827_1524~01

160827_1524~02



やっと、イワナが釣られてくれました。

悪天候で苦戦しましたが、ほっと一安心。

さらに一匹追加しましてロッドオフ。


今シーズンも残り少なくなってきましたので、精一杯木曽川を楽しんでいきたと思います。



2016/09/04(日) 19:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
“お気に入り” の雑誌が発売になりましたのでご紹介です。

今回もテンカラ(毛鉤釣り)ファン必見の魅力的な内容になっていますね。

ゴールデンウィーク以降の本格的なシーズンが待ち遠しい限りであります!


楽天ブックス⇒ 『渓流 2011Headwater (別冊つり人 Vol. 292)』





2011/03/02(水) 21:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『愛知県豊田市名倉川』
100505_1314~03

100505_1314~01

GWでは2回目となる渓流釣行です。

「名倉川」は今回が初釣行になりますが、土地勘のある父親の同行があり現地へは順調に到着。

以前に実績のあったらしいポイントまで行ってみます。

本日も絶好の釣り日和。 しかし...

“田植えシーズン” のせいでしょうか。 川の水は相当濁っている状況。

父のような “エサ釣り師” にとっては “好条件” でしょうが、「ドライフライ」 の使用は厳しそうです。

今回は 「フライフィッシング」 は諦め、「テンカラ」 でチャレンジ。

「がま渓流MULTIFLEXテンカラ水舞」 の登場です。

「テーパーライン4.5m」「フロロハリス0.8号」 をセット。

一応、「メイフライパラシュート#12」 をセットしてのスタート。

初めての川ですし、“濁り” で川底が分からない状況ですから、勘を頼りに振り込んでいきます。

実釣直後、勇猛果敢にアタックしてくる魚あり!

100505_1013~01

やはり、「カワムツ」です。

愛知県内の河川ですから、「カワムツ」 が多いのは仕方ありません。

その後も確かに魚影を確認できますが、明らかにドライフライへの反応は鈍いのが分かります。

そこで、「ビーズヘッド逆さ毛鉤」 に変更。

すると、来ました! イイ引きです!! 

引き寄せて見ると、20cm程度の「ニジマス」 のようです。

ですが、ここでまたもや自らの修行不足...。

“お約束” の獲りこみ失敗!

「テンカラ」竿より長いラインシステムになっていますので、獲りこみの際には、ラインを張ったままの状態で魚を手繰り寄せなければなりません。

ところが、今回は少し高台の土手から釣っていましたので、魚を川から引っこ抜こうとして...

ニジマス“勝手にリリース” 

最初の地点から100m程釣りあがった所で、今度は反対側の川岸から釣り下ってみます。

すると、また来ました! ニジマスです!!

100505_1141~02 100505_1141~01

23cmあります。 先ほどのニジマスと同型くらいですが、色が違いますから別の魚のようですね。

どうもこのポイントには放流物のニジマスが数匹群れているようなのです。

私が撤収した後に、父も同ポイントで2匹のニジマスを追加したとのことでした。

私は2日間の釣行の疲れが出て早々に納竿。

ちょっと心残りな釣行となりましたが、初の「名倉川」で釣果があったのは幸いです。

次回は体調を万全に整えて挑みたいと思います。


せっかく稲武方面まで来ましたので、帰りに 「どんぐりの湯」 に立ち寄りました。

100505_1407~01

100505_1328~01

入浴料¥600というのは “少し高め” に感じましたが、「実にイイお湯です!」

皆さんも是非どうぞ!


2010/05/06(木) 00:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
前回記事で「テンカラ」について書きましたが、散々悩んだ末に “ニューロッド” を買うことを決意。

昨日、念願の“新竿”が届きました。

詳細はコチラ(楽天市場)。 >> 「がま渓流 MULTIFIEX 水舞 45」


090418_1059~001

ご存知の方も多いかも知れませんが、現行モデルの「テンカラ竿」では数少ない “ズーム機能” を備えた優れものです。

竿の長さを状況の応じて 3.5→4.0→4.5m と調節出来るのです。

以前から魅力に感じていましたが、近所の釣具店では置いていないためネット通販での購入となりました。

「テンカラ竿」の購入を検討している際、「レベルライン」の使用を考えていたので「シマノ 本流テンカラ ZE」と、どちらにしようか大変悩みました。

結局、源流域を長時間にわたって釣行することの多い私としては、「携帯性」の面から「仕舞寸」の短い竿が実用的と考え、この竿に決めたのです。

仕舞寸66.8㎝のこの竿を “ロッドホルダー” に収納し、デイパックに取り付け、更に欲張って “フライロッド(パックロッド)” までも携帯し、渓流を楽しもうという計画であります。

私が今年「テンカラ」に “熱く” なった要因の1つとしては、この特集誌の影響もありますのでご紹介しておきます。 

渓流 2009Headwater (2009) (別冊つり人 Vol. 247)渓流 2009Headwater (2009) (別冊つり人 Vol. 247)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本誌詳細は参考までに >> 「つり人社」のサイト

“渓流師”の釣り心を “熱く” する特集が満載です。

「テンカラ」といっても “釣りのスタイル” は人それぞれ異なり、自分流の楽しみ方が出来るのも「テンカラ」という釣りの面白さかもしれませんね。

この新しい竿にいち早く慣れて大物渓流魚をゲットしたいと思います。

2009/04/19(日) 05:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フライロッド
<おすすめ ロッド!>
book & DVD