FC2ブログ
FC2カウンター
プロフィール

River Freak

Author:River Freak
FC2ブログへようこそ!
flyfishing、アウトドアライフetc. 一人遊びを日々楽しんでおります。

フォトエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
R2.3.21
DSC_1159.jpg


今シーズン3度目の蒲田川釣行です。

3連休中日の悪条件ではありますが、前回の釣行内容が散々だっただけに、本釣行でリベンジを果たしたいところ。

雪代の影響でしょうか?

既に、本流中流域より下流は白い濁りが入っており、ドライフライでは厳しい状況です。

それなら人気スポットではあるものの、実績のある上流部から釣り上がってみましょう。


前回釣行でイワナの反応があったポイントを狙ってみますが、魚の反応はあっても一度きり。

なかなかフライを銜えてくれませんでした。


DSC_1160.jpg



そのうち先行者と後続者に挟まれ、退場を余儀なくされます。



DSC_1166.jpg



気分転換にC&Rエリアで遊んでみましょう。


早速、小さなニジマスがフライに飛びついてきます。


この子たちが夏までに大きく育ってくれると嬉しいですね。


DSC_1163.jpg

DSC_1168.jpg


今回の初釣果はニジマスでしたね。

サイズもそこそこ。

蒲田川のC&Rエリアでは、いつもニジマスたちに救われます。

その後も釣り上がってみますが、サイズアップはなし。


そこで、解禁日に釣果のあった中流部に入ってみます。


DSC_1178.jpg


水量は少ないものの、なんとかイケそう。


DSC_1176.jpg



やっと、デカイ の来ましたよ!



DSC_1169.jpg

DSC_1181.jpg

DSC_1171.jpg


ヤマメ26cmです。

嬉しい良型に気分は上々!

リベンジ達成!


DSC_1185.jpg



こんな浅いポイントに、これだけの大物が潜んでいるなんて驚きです。


4月に入ったら、下流域で大物をねらってみようと思います。

尺オーバーが出たら最高ですよね。



今回の釣行も動画投稿してありますので、興味のある方は是非どうぞ!








スポンサーサイト



2020/03/29(日) 11:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
R2.3.13
DSC_1148.jpg


今シーズン2度目の蒲田川釣行です。

当日は自宅を早朝出発し、現地到着はAM6:30頃。

さすがに日曜日の解禁日に比べると、アングラーも少な目ですね。


DSC_1149.jpg


早々に支度を済ませ、左岸から釣り上がり。

予想通りではあるものの、渓流魚の反応がイマイチです。

石裏から引き出した魚も、フッキングが浅くバラす有様。


やっとの事でフッキンッグに成功したヤマメも、カメラの電源を入れている間に逃げられる始末。


DSC_1150.jpg


このポイントでも、イワナが出たのにバラシ...


DSC_1151.jpg


さらに釣り上がって行くと、飛び上がるイワナの姿を発見。

でも、釣れず。

良型イワナがフライを追うも、一度きりで お隠れに。


全くイイとこなしで前半戦終了。


こんな時はC&Rエリアで遊んでみましょう。


されど、ここでもバラシ連続。

さすがに心が折れそうです。


でも、そう簡単には諦められません。

C&Rエリア下流部に移動。


DSC_1154.jpg


やっと、釣れました!

しかも、ヤマメですよ。


DSC_1152.jpg

DSC_1153.jpg


17cmなんて おチビさんですけど。

でも、釣られてくれて、ありがとう!


DSC_1158.jpg


雪代のせいか、本流中流部より下は既に白い濁りが入っている状況です。

フライで釣れなくなる前に、必ず3月中にリベンジ釣行を決行しますよ!


今回の釣行も動画投稿しましたので、興味のある方は是非どうぞ。




2020/03/22(日) 09:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
R2.3.1
DSC_1108.jpg


前回記事の続きとなります。

今回は私の お気に入り 蒲田川C&Rエリアでのフライ釣行です。

当日の終了予定時間が迫っていましたので、いつも通り最後にC&Rエリアへ向かいます。


先行者が3名ほどいたと思いますが、距離をとってエントリーします。

今回の入川ポイントは宝橋より下流になります。

「荒神の湯」の辺りは人気場なので人の出入りが激しく、釣果も乏しくなりがちで最近は敬遠ぎみです。


DSC_1093.jpg

DSC_1092.jpg

DSC_1091.jpg



先行者の後を釣り上がるような状況でしたが、まずは一匹。

元気の良いニジマスです。

フッキング後に、ぴょんぴょん飛び跳ねるのはココのニジマスの特性(?)でしょうか?


DSC_1099.jpg

DSC_1097.jpg


お次も魚体のコンディションの良い、キレイなニジマスです。


そして、お次は?


DSC_1100.jpg

DSC_1101.jpg


ヤマメですねぇ~

小ぶりなので、夏までに大きくなってむらえると嬉しいですね。


DSC_1104.jpg

DSC_1106.jpg



残念ながら、明日の予定があって今回の釣行は早めに終了。


本釣行でも魚たちのフライへの反応は素晴らしく、本当に楽しい時を過ごすことができました。


今回も釣行動画をアップしましたので、蒲田川に興味のある方は是非どうぞ。




2020/03/10(火) 09:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
R2.3.1
DSC_1062.jpg
(平湯川)


行ってきました! 釣れちゃいました!!

今回は 奥飛騨温泉郷 高原川漁協管区(蒲田川) のフライフィッシング釣行です。


DSC_1080.jpg



解禁日当日は早朝に自宅を出発。

途中、年券を購入し、昨年より1時間も早く現地に到着。

予想通り、既に先行者達がエントリーしております。



DSC_1064.jpg

DSC_1063.jpg



駐車場で支度を済ませ、先行者の見えない下流ポイントまで歩いて入川します。

今年は暖冬のせいか降雪は少なかったようで、蒲田川上流域は渇水気味。

それでも、ドライフライでも問題なくいけそうでしたね。



DSC_1067.jpg

DSC_1066.jpg



今回は先日 WILD1で購入したばかりの ティムコ ユーフレックス インファンテ 7ft6in #3 のデビュー戦でもあります。

ロッドの使用感は良好で、この軽さと しなやかさなら長時間の釣行でも苦にならないでしょう。

前回の記事で ご紹介したドライフライ(ピーコックパラシュート#18)で釣り上がっていきますが、なかなか魚の反応がありません。

先行者がいますので、そう簡単には釣れてくれないでしょうね。


DSC_1070.jpg



「昨年の方が良かったな~」 なんて考えながら、良さそうなポイントにフライを流していきます。


DSC_1069.jpg



「ひょっとして、今日はボウズかな?」なんて弱気になっていたところに、



DSC_1072.jpg

DSC_1071.jpg



やった~!

出ましたよ!!


今シーズンの初物、ヤマメ22cmです。

とにかく、この時はバラさないようにビビりまくりでしたね。



DSC_1075.jpg

DSC_1076.jpg

DSC_1077.jpg

DSC_1078.jpg



嬉しい初物にモチベーションも上がりますし、蒲田川の素晴らしいロケーションに癒されます。

でも、次の魚が出てくれません。


そのうち、先行者に追いつき、後続者にも迫られる状況に。

とりあえず、目的の橋の手前まできたところで釣り場を移動します。



DSC_1082.jpg


当日の本流側は白濁が強く、ドライフライでは厳しい状況。

そこで、昨年の夏にも入った蒲田川の中流域のポイントに行ってみます。

こちらも水量の少なさが目立ちますが、濁りなく、十分釣りになりそうです。



開始早々、出ましたよ~!



DSC_1088.jpg

DSC_1084.jpg



蒲田川は本当に期待を裏切りませんね。

二匹目もヤマメで22cmありました。

魚体も美しく、気分は最高!


その後も釣り上がってみますが、釣果なし。


終了時間も迫っておりましたので、C&Rエリアに移動します。

C&Rエリアの様子は、また次の記事で。


今回の釣行動画もアップしましたので、よろしければご視聴ください。




2020/03/06(金) 21:32 | コメント:0 | トラックバック:0 |
DSC_0935.jpg


高原川漁協管区の解禁日も近くなってきましたね。

スロースターターの私も、やっと “毛ばりんぐ” 開始です。


DSC_0943.jpg


確か昨シーズンの私は、昔巻いた残り物フライで釣り始めたはず。

特に、解禁当初の蒲田川で使用するような#18程度の小さなフライは最近巻いた記憶がございません。


でも、“昔取った杵柄” というヤツでしょうか。

一応、素人なりの良質(?)な出来映え。

もちろん、プロタイヤーにはとても敵いません。


DSC_0988.jpg



私のような素人が巻いた毛鉤だって ちゃんと釣れるからフライフィッシングは面白いのかもしれませんね。

今回、初めて自分のフライタイイングの様子を動画にしてみました。

自動でピントを合わせてくれるので、スマホを使って撮影しましたが、それでも手先の小さなモノだけを撮るというのは難しい作業ですね。


その動画はコチラになります。





2020/02/11(火) 12:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フライロッド
<おすすめ ロッド!>
book & DVD